なないろのゆり - 久しぶりに櫻の園を見ると

Home > 久しぶりに櫻の園を見ると

久しぶりに櫻の園を見ると

たぶんなんですが、ここ数年の間にあった百合系要素を含む作品のうち、有名度が高かったものといえば「マリア様がみてる」もしくは「青い花」なんじゃないかと思います。

もんのすごく個人的な見解ですけどこの二つは、きっと「櫻の園」の初代映画版から少なからず影響を受けてるんじゃないかなーと思ったりしてます。
だけどそれは「パクった!」とか嫌な感じのする意味じゃなくて。百合系創作物を作るときに敬意を込める意味でよい参考にしたんじゃないかっていう意味だと思うんです。
私はどっちも作者さまと直接知り合いなわけではないので、本当に個人的に勝手に思ってることだってことを先に了承して次からの文章を読んでもらいたいと思います。

初代映画版の「櫻の園」を最近見なおしたんですけど、やっぱりいろいろとすごいなと思うところが多いです。
最初に観た時は、なんて演技の下手な人が集まってるんだとかいろいろ思ったりしたんですが、改めて観てみるとどうしてこの映画を何度も見返したくなって、見るたびに何かを感じてしまうかという理由がわかるように思ったりします。

今ものすごく自分を冷静に保ったつもりになりつつ、初代「櫻の園」を見てみると、この映画自体が漫画が原作の「櫻の園」の二次創作的な役割をしていることに気が付きます。
要所要所で原作のすごくよい場所を使いつつ、映画版としてエピソードをふくらませてさらに良いものに昇華してるっていう、ものすごく完璧な二次創作化です。

私がこの「櫻の園」を初めて観たのは10代の頃だったと思うんですが、この映画にかなりその後の創作に対する姿勢とか表現方法とかを学んだって感じがしています。いや、本当にこの映画はすごいと思います。
この先百合系創作を続けて行っても、果たしてこの映画以上の表現ができるかどうか疑問に思ったりするほどです。
自信過剰気味な私がちょっとばかりでも謙虚でいられるのはきっと、この映画の存在があるからなんじゃないかと思ったりもしています。

細かいところはどこがすごいとかないんですよね。
こういう、全体で、全部通してみてみてすごいと思える作品をいつか作れるものならなと、かなり長い年月思っているような気がします。

Home > 久しぶりに櫻の園を見ると

Return to page top